雑木林の冬~国木田独歩著書「武蔵野」より~

認定クリエイター
内田一夫

東京都の西部から埼玉県の西部に広がる大地は、武蔵野台地と呼ばれています。関西に生まれた国木田独歩は、この武蔵野を覆うクヌギやナラを主体とする雑木林の美しさに惹かれ、著書「武蔵野」を発表します。今は開発が進み、独歩が歩いた時代の武蔵野の面影は殆んどありませんが、この作品は僅かに残る「武蔵野」の姿を探して作ったものです。日本には各地で特色のある風景がありますが、ここ武蔵野の美しさは決して派手ではありませんが、心に染みるような風景であり四季折々の風情の中に、遠い昔の人々の声が聞こえてくるような所です。

撮影地 : 東京都 撮影日 : 2006/02/15

カテゴリ自然 / その他

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画