信濃路に春を求めて~北アルプスの雪形

認定クリエイター
内田一夫

長野県・白馬村は冬のオリンピック会場になった村で、冬になると多くのスキー客が訪れる。そしてスキーシーズンが去ると共に春がやってくる。この地は新潟県・糸魚川市から長野県・松本市を結ぶ「塩の道」の核心地でもあり、その道沿いに多くの史跡を見ることができる。5月の連休には毎年「塩の道祭」が開かれ、街道は大いににぎわう。5月の半ばになると北アルプスの白馬の山々の山腹に「雪形」が現れる。昔はこの雪形の様子を見て、農耕の時期を決めたという。夏の登山、秋の紅葉と春夏秋冬それぞれの表情を見せてくれる村である。

撮影地 : 長野県 撮影日 : 2006/05/17

カテゴリ自然 /

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:ジェリー 2006/6/5 17:19:08
10月ある同窓会で松本市浅間温泉に旅行計画あり。
そのためか、興味深く鑑賞しました。
特に雪形で農作業を判断することなど初めて知りました。
映像がとてもきれいでした。松本市付近の映像を期待します。


投稿者:よっちゃん 2006/5/15 09:43:31
撮影編集は大変上手です!
音楽も終了に合わせてあります。
行かずに白馬が判りました。
次回作を期待します。

関連動画