ムニンツツジ

認定クリエイター
伊藤亜玲

ムニンツツジは父島の固有種です。環境の悪化により激減し、野生のものとしては1株を残すのみとなってしまいました。絶滅に瀕したこの植物を救うべく、東大の植物園で苗木を育てては、つつじ山に植え戻すという地道な作業が繰り返された結果、ようやく40もの株が根付き、毎年花を咲かせるようになりました。なお“ムニン”は無人島の“無人”が変化した言葉と言われており、かつて無人島だった小笠原のことを言います。

撮影地 : 東京都 撮影日 : 2002/05/19

カテゴリ自然 /

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:伊藤亜玲 2003/4/5 19:30:46
 ビデオ野郎さま、書き込みありがとう御座います。
私は小笠原在住11年になります。もともとは神奈川県の人間です。
 ビデオは始めてからそろそろ8年くらいになるのではないかと記憶しております。
こちらは被写体が豊富にあるため、飽きずにやって来られました。
今後も機会が有れば作品を応募したいと思っておりますので、よろしくお願い致します。


投稿者:ビデオ野郎 2003/3/25 19:55:12
小笠原ってホントにビデオ撮影の被写体に恵まれたところなんですね。
イルカ、オオコウモリ、カツオドリ、それにこのムニンツツジ・・・、
どの作品も結構面白いですよ。小笠原で活動されている伊藤さんが羨ましいです。
伊藤さんは、小笠原でのビデオ撮影は何年前からされているんでしょうか。
それとも、小笠原で生活していらっしゃるんでしょうか?

関連動画