あんこう鍋

認定クリエイター
イキテレ全国鍋料理研究会

味噌味のあんこう鍋、あんこうは捨てる部位が無い。身はもとより、内臓から鰭まで食べることができる。見かけほど脂っこく無くさっぱりとした味。調理は独特の「吊るし切り」と呼ばれ、吊るしたあんこうに包丁を入れ解体していく。肝は鉄鍋で乾煎りし、味噌を加えるこれが「あんこう味噌」と呼ばれ、店によって製法や分量が違い秘伝とされている。「あんこう味噌」を鍋に入れて煮立て野菜を入れ、その後あんこうを入れる。みかけは味が濃いように見えるが意外とさっぱりしている。あんこう自体もぷりぷりした食感で中々美味しい。茨城の冬の味覚として遠方からも来客があるという。

撮影地 : 茨城県 撮影日 : 2008/12/22

カテゴリグルメ / 鍋料理

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画