名古屋コーチン ひきずり鍋

認定クリエイター
イキテレ全国鍋料理研究会

「ひきずり」とはいわゆる「すき焼き」の事を言い、名前の由来は「鍋にくっついた鶏肉をひきずるようにとる様子から付いた」「鍋から茶碗のご飯へとひきずり上げる意味」など、いろいろな説がある。通常の「すき焼き」と違い牛肉を使わず名古屋コーチンなどの鳥肉を使うところが特徴。名古屋コーチンは他の鳥肉とは違い歯ごたえのある食感をもっており、卵も黄身の色が濃く味が濃厚で舌触りも滑らかで、お肉おいしさを引き出してくれる。
※取材場所は、便宜上、名古屋テレビ塔とさせていただきました。

撮影地 : 愛知県 撮影日 : 2010/01/17

カテゴリグルメ / 鍋料理

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画