紀州 クエ(九絵)鍋

認定クリエイター
イキテレ全国鍋料理研究会

クエ鍋。クエは都会の魚屋さんではあまり見かけない魚ですが、昔から地元の漁師たちの間では「クエ食ったら、ほかの魚はクエん」といわれてきたように、実においしいのがこの魚。その味はタイやヒラメ以上といわれています。かつては地元以外の人には、知る人ぞ知るまぼろしの魚だったのですが、昭和40年代に町内の旅館や民宿で冬場の郷土料理として提供するうちに、町の名物として有名になり、今やクエ・フェア、くえマラソンなど、まちおこしの主役となっています。さて肝心の鍋の味はまさに魚の王道といった感じで、程よく脂がのり、味はふぐに似ていますが、身のしまり具合とゼラチン質のハーモニーは一度食べると忘れられないでしょう。後の雑炊は言うまでもなく絶品です。

撮影地 : 和歌山県 撮影日 : 2010/01/31

カテゴリグルメ / 鍋料理

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画