青龍祭

認定クリエイター
カワダイチロウ

江戸時代に日照りに襲われた清川村では、それ以来日照りには村人が竹で編んだ夫婦龍を作り雨乞いの行事をしたという伝説を復元した新しい祭が生まれました。村の伝統文化を継承し地方福祉の向上と青少年の健全育成にもつながることを目指したものです。祭では幾日もかけて手作りした龍を盛大に燃やす「昇龍の儀」が行われます。龍作りから村人の願いをこめた祈願札を体に付けた龍が盛大に燃えながら昇天する様を収録しました。得難い感動を覚えました。

撮影地 : 神奈川県 撮影日 : 2006/08/13

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:PD 2006/10/4 14:23:04
3分の短編ドキュメンタリーだが、その取材量はかなりのもの。
映像作品としては十分に20~30分程度にはなる素材。
ナレーション原稿もかなり練られています。
映像作家のキャリアや熟練度の高さを感じます。


投稿者:さぬきっ子 2006/10/3 16:29:58
とっても素晴らしいドキュメンタリー作品ですね。感動しました。
ところで、「雨乞い竜」って案外全国に散らばっているのかしら。
香川県仁尾町にも「雨乞い竜」がいるんですよ。
こちらは、夫婦龍ではなく、長さ40m、4tのすっごく大きな1頭。
こちらも竹と稲わらで出来てるそうです。
清川村の皆さんもこの伝統行事をいつまでも守り続けてくださいね。

関連動画