日本最古の神社「花の窟」熊野市(三重県)

2004年、紀伊山地の霊場と参詣道の一部としてユネスコの世界遺産に登録。日本最古の神社「花の窟」は三重県熊野市の七里御浜海岸に有ります。花の窟神社は社殿は無く高さおよそ70mの巨岩が御神体で、岩の下に伊弉冉尊(イザナミのミコト)の御葬所が祀られている。花の窟神社では年2回例大祭があり御神体の岩から縄を張り替えるお縄掛け神事が行われ大勢の人で賑わう。

撮影地 : 三重県 撮影日 : 2015/05/21

カテゴリ

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画