梅の郷 月ヶ瀬梅渓

認定クリエイター
岡部起久央

北は京都府、東は三重県に接する奈良県北東端の梅の名所、名張川の渓谷に1万本以上が植栽されている。梅渓のはじまりは約750年前、紅染の元になる烏梅(うばい)を製造する為に京の都から梅の種子が取り寄せられ植栽されたものであるが、大正11年に国の名勝に指定されてから有名になった。梅渓めぐりの観光中心であるが、近年大和茶の製造にも力を入れ茶所としても発展させたいと願っている気配を感じる。

撮影地 : 奈良県 撮影日 : 2005/03/07

カテゴリ自然 /

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:A.I. 2005/3/20 00:59:05
梅の花って、こんなに色も趣きもさまざまなんですねぇ。
思わず見とれてしまいました。
梅の花には桜とはまた違った控えめな風情があり、
これまたいいものだなと味わい深く思いました。
息子の卒業の日に、思いがけなく花のお祝いをいただいたような気分です。
ありがとうございました。


投稿者:辻 久寿 2005/3/18 21:47:14
私は月ヶ瀬梅林の名前は知っていますが行った事が無いので始めて見物しまして、
規模の大きのと梅の美しいのに驚きました。
写真を上手に撮られています、特に近くの梅が綺麗で感心しています。
送って頂き本当にありがとうございました。
今後ますますのご活躍を期待しています、いつまでも元気に頑張って下さい。
お祈りしています

関連動画