刈和野の大綱引き - 秋田県大仙市

上町(二日町)、下町(五日町)と町を二分し、太さ2.2mの大きさの綱を引き合う伝統行事です。引き合いに使われる大綱は、長さが雄綱64m(42尋)雌綱約50m(33尋)重さ各々10トンにもなり国内最大級です。室町時代から500年以上の歴史をもっており、上町が勝つと米の値段が上がり、下町が勝つと豊作になると伝えられています。

撮影地 : 秋田県 撮影日 : 2014/02/10

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画