あしかがフラワーパークの大藤 見ごろ

栃木県足利市迫間町の「あしかがフラワーパーク」の「世界一美しい藤」といわれる大藤が見ごろを迎え、4月28日に撮影しました。

樹齢145年超す600畳の大藤棚は、花房が150~170cmにもなるといいます。1996年に足利市朝倉町から20キロ移送され、17年間で藤棚は約15倍の大きさになったといいます。
今年の花は、その17年でまれにみるバランスのよいできといいます。

ほかにも、花房が最長180cmにもなる大長藤や、むらさき藤棚、世界でも珍しい八重黒龍の藤棚、80mの白藤トンネル、うす紅藤の橋など、園内には約300の藤があります。八重黒龍は、香り高く遠目では葡萄の房にも見える八重咲きの藤です。クルメツツジやシャクヤクなども咲き、園内は色彩豊かです。

大藤は5月6日ごろまで楽しめそうといいます。白藤も徐々に見ごろになってきています。

"Best in the world, good-looking Fuji" and Daito who says by which Hazamacho, Ashikaga-shi, Tochigi is "by a sea lion, flower park" met best time and took a picture on April 28.

600 mats of big wisteria trellis in which an age of the tree is exceeded for 145 years says that Hanabusa will be also 150-170cm. You transfer 20 kilometers from Asakuracho, Ashikaga-shi in 1996, and I say that a wisteria trellis was about 15 times of size in 17 years.
This year's flower is called good forming of the balance which is sometimes seen in the 17 years.

There is other Fuji of about 300 in the park such as Oosa Fuji Hanabusa will be also in 180 cm at the most and Hashi of Shirato tunnel of a wisteria trellis and 80m and USU Benifuji of a purple wisteria trellis and double Kokuryu to which even the world is uncommon. Double Kokuryu is double Fuji who also looks aromatic rather far in a bunch of a grape. KURUMETSUTSUJI and a peony bloom and are whether it's color Yutaka in the park.

Daito says that it seems rather fun until time May 6. Shirato is being best time gradually, too.

撮影地 : 栃木県 撮影日 : 2013/04/28

カテゴリ地域 / / 公園

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画