堀切菖蒲園の花菖蒲

東京で花菖蒲の名所と言えば堀切菖蒲園だろう。この地の花菖蒲の歴史は室町時代にまで遡る。堀切の地頭だった久保寺胤夫が家臣に命じて、福島の郡山の安積沼に自生する花菖蒲を採取させて増やしたものとの言い伝えがある。江戸時代の文化年間(1804-1807)には、小高伊左衛門という豪農が花菖蒲に魅せられて、各地から花菖蒲の品種を集めて繁殖させ、ついに堀切が花菖蒲の名所となったようだ。大勢の老若男女が、幾つかの菖蒲田をめぐる様は、花同様に美しいと感じだ。(佐藤弘弥記)
咲いている菖蒲も人も生きている ひろや

撮影地 : 東京都 撮影日 : 2016/06/04

カテゴリ自然 / 地域 / / 公園

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画