奇祭 のぼり建て

認定クリエイター
シラス

毎年5月5日までに結婚された新婚さんに、元気な男の子が生まれるようにと祝いガラクタを上げる祭り。江戸時代からのものといわれていますが定かではありません。色々な意味合いがあるのですが、ここでは一般的なものを上記のように書きました。新婚さんが居ない場合は勿論このお祭りはなく、今はおとなしくなりましたが過去にはバイクや耕運機なども上がったことがあるそうです。

撮影地 : 京都府 撮影日 : 2006/05/05

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:ビデオ趣味より 2008/4/20 09:43:01
よっちゃんさんはでしゃばり過ぎ。
風習にまで自みに創作させたがる。
この記録は創作コメントなんて無用だね。


投稿者:PD 2006/6/24 14:33:48
全国には面白い風習があるもんですね。
地域のトピックス映像として楽しませていただきました。
これからも全国の「奇祭」っていうヤツや、珍しい地域ネタをドシドシ紹介してほしい!


投稿者:よっちゃん 2006/6/23 08:43:26
仮ナレーション(よっちゃん案)
「新婚夫婦には多くの祝福があり、増長が起きる。
その増長を諌める為に、ガラクタをこいのぼりと共に飾る。
新婚夫婦はその行為に感謝し、近所にお礼参りをします」
製作者のコメントとは少し違うが。


投稿者:よっちゃん 2006/6/22 16:59:40
こんな奇祭は、当事者には有り難くないですね。
独身者が新婚さんへのヤッカミで始まったのかも!
思いやりのあるナレーションが欲しい。

関連動画