福島の祭より~会津田島祇園祭 歌舞伎・屋台・七行器行列~

菅野隆夫

この作品は、福島県南会津町田島の祇園祭を紹介するものです。この祭りは、一連の神事は年間を通して行われている壮大なものですが、今回は、この内いわゆる宵祭りの「子供歌舞伎上演」(昼・夜)、屋台運行(夜)と日本一の花嫁行列で有名な七行器*(ななほかい)行列をハイライトで紹介するものです。七行器とは、神酒、赤飯、鯖を神前に奉献するための行列を言いますが、その様相から「花嫁行列」と言われ、約40人ほどの花嫁姿の女性が列をなすのは壮観そのものです。行器とは、供物を神前に供えるための器のことですが、神酒のために角樽3つ、赤飯のために脚付きの行器3つ、鯖7本を載せた魚台1つの計7つを七行器と言うそうです。行器を捧持できる者は、両親が揃っていることが絶対要件で、角樽と魚台は袴着用・草履ばきの成年男子になっているようで、格式の高いお祭りとして有名です。この祭り自体は、田出宇賀神社の祇園祭と熊野神社の例大祭と併催となっているようですが、京都八坂神社の祇園、福岡櫛田神社の祇園山笠と並んで日本三大祇園祭と呼ばれています。平成6年開催の影像もありますのでこちらをご覧下さい。:https://youtu.be/0KXMTuzJbkM
なお、小生の「福島の滝、一本桜、祭り、自然風景」などを紹介しているメイン・チャンネルがありますので、こちらもどうぞ:https://youtu.be/zmk5KsUNGAk

撮影地 : 福島県 撮影日 : 2015/07/23

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画