沖縄・南の島で海底散歩「スカシテンジュクダイ」

認定クリエイター
佐藤敦

スカシテンジュクダイは体長3~4㎝位の小型の魚です。体がほぼ透明で骨が透けて見えるほどです。撮影したときは、かなりの数が群れていました。遠くから群れを見るとなにか大きなものが海に漂っているように見えます。大きな魚に食べられてしまうのは寂しい気もしますが、生き物達が繋がっていることを感じました。

撮影地 : 沖縄県 撮影日 : 2006/07/13

カテゴリ自然 /

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:VatMideo 2006/7/23 22:15:53
1分46秒からのズームアウトはすごい。
後ろ向きフィンキックとZOを併用したのだろうか。
こういうテクニックに脱帽。


投稿者:コブシメちゃん 2006/7/17 11:01:35
物凄い数のスカシテンジュクダイの群れに、エサを求めて群がる大型魚。
まさに弱肉強食の世界を見事に表現しています。
悲しいけれどしょうがないですよね。
自然界なら当たり前のことですもんねー。

関連動画