角館まつりのやま行事

お祭りナビ

毎年9月7、8、9日に行われる角館のお祭りのはじまりは、今から400年ほど前です。地域の繁栄や商売繁盛、家族の無病息災などを祈願するもので、神明社(9月7、8日)と薬師堂(9月8、9日)の祭りが一緒になったものです。曳山が城下町を練り歩き、おやま囃子に合わせて艶やかな手踊りを披露します。参拝などを終えた曳山は、進行の目的がなくなると通行の優先権がなくなり、曳山どうしが交渉しても決裂してしまいます。そこで実力で通るために「やまぶっつけ」が始まります。祭のクライマックスにふさわしく、曳き手もお囃子も最高潮に達します。2016年に、ユネスコ無形文化遺産登録されました。

◯お祭りナビ
http://o-matsuri.jp/

撮影地 : 秋田県 撮影日 : 2017/09/08

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画