鐘崎数の子(ノウサバ)

認定クリエイター
ギュータロウ

こんな特異な食文化が残っている所は珍しいのでは?「鐘崎数の子」は、当時の苦しい生活環境の中から誕生し、愛する家族のために作られた料理だったのです。とにかく、取材なれした大女将のコメントが映像を引っ張ってくれました。

撮影地 : 福岡県 撮影日 : 2002/12/08

カテゴリ地域 / グルメ / その他 / 漁業

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:トムトム 2003/3/12 11:37:35
数の子というと、ニシンの卵を乾燥させたものが通常ですが、こちらの数の子はサメですか。
しかもノウサバとそちらで言われていると聞き、驚きました。
そちらでしかない数の子ですね。一度、食べてみたいですね。

関連動画