山神の響炎

認定クリエイター
クキモトショウジ

およそ7600本の手作りタイマツで、ふるさとの田や公園を大規模にイルミネーション化しようとして始まった「山神の響炎」(やまんかんのきょうえん)も今年で3回目を迎えました。実行委員会のもと、全員が7600本というとてつもない数のタイマツを作り、そして、それを田んぼの畦道や公園の土手などに立てていって、その1本1本に火をつけていくのです。そのタイマツの光と太鼓などの響きを合体させてできたのが、この「響炎」です。電飾のイルミネーションには見られない大規模な光のイベントをご覧ください。

撮影地 : 鹿児島県 撮影日 : 2005/10/10

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:tocotoco 2005/12/9 19:17:32
炎と太鼓の響きのマッチングがドラマ的ですばらしいです。
また、男の子の天才的な撥さばきに感動しました。

関連動画