はんぎり出し

認定クリエイター
クキモトショウジ

毎年8月16日のお盆明けに、精進落としの伝統行事として江戸時代から続く「はんぎり出し」。「はんぎり」とは、馬などの飼料桶のことで、これをいかだにつけて潮溜まりで漁をするものです。とれた魚は、すぐにその場で料理し、見物人たちにも振舞われます。

撮影地 : 鹿児島県 撮影日 : 2007/08/16

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:morio 2007/9/4 20:35:59
さすが素晴らしい映像でした。ストーリーがまた素晴らしいでした。
お元気ですね。大口公演は11月18日(日)に変更になりました。ご存知でしたか?


投稿者:シマ 2007/8/23 19:36:25
中々面白い行事ですね。「エッナ」という魚も知りませんでした。
映像の中で刺身を作るカットで、包丁の入れ方(魚の切り方)も興味深いものがあります。
これからも地元の面白い話題をお願いします


投稿者:よっちゃん 2007/8/22 20:58:56
最近は川魚を食べなくなりました。食べる人より、漁を楽しんでいるのが判ります。
起承転結があり、良い記録ビデオになりました。

関連動画