羽ばたくインドアプレーン はばたき機

認定クリエイター
カワダイチロウ

ラジコン飛行機の愛好家は多くいますが、そのなかには機体の軽量コンパクト化を追求するインドアプレーン製作マニアがいます。湘南スローフライヤークラブのメンバーも同じです。グラスファイバーの機体と方向舵、モーターとプロペラ、電池、マイコンと赤外線受光素子、これらの合計で1グラム以下のプレーンの製作にも成功しています。このクラブで今、プロペラの無い羽ばたき機作りが盛んです。先人たちが夢見た羽ばたいて空を飛ぶ飛び方をインドアプレーンで実現しています。その巧妙な仕掛けと数種類のモデルを紹介します。

撮影地 : 神奈川県 撮影日 : 2007/04/22

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:某局AD 2007/5/21 10:04:53
たいへん興味深いネタですね。これは偶然かもしれませんが、
5月18日金曜日のテレビ東京系WBS(ワールドビジネスサテライト)という番組の
「トレンドたまご」というコーナーで、トンボ型ラジコンを紹介してました。
まさしく同様の映像ネタだったのでビックリしました。
これからは、このような「羽ばたき機」がトレンドになるかも。


投稿者:シニアカメラマン 2007/5/20 09:51:01
まるでトンボやチョウのように羽ばたいて飛ぶ「羽ばたき機」は初めて見ました。
先日の「模型蒸気機関車」や「世界一の大凧」など、川田さんの本格的な趣味シリーズを
これからも楽しみにしております。
夢追い人の情熱、素晴らしいです。


投稿者:よっちゃん 2007/5/16 13:45:32
ナレーションがあり、理解できた。
NHKなどで、大衆にも見せて欲しい映像だ。

関連動画