日立風流物

認定クリエイター
カワダイチロウ

毎年四月の日立さくらまつりに「日立風流物」と呼ばれるからくり人形芝居を上演する巨大な山車が披露されます。
徳川時代の享保年間からの伝統を持つこの「日立風流物」は日立市の四つの町が毎年輪番で自慢の壮大な山車を繰り出します。今回は北町の山車とからくり人形です。上演は表舞台と裏舞台の二つある中で表舞台の「風流太閤記」を撮りました。五層の高い舞台に立つ人形を操るのはさぞや大変なことでしょう。太刀や槍を振り回して戦う鎧甲をつけた武者や騎馬武者。艶やかな衣装を身に纏い踊る戦国時代の美女たち。武者が瞬時に美女に変身する「早返し」のからくり等面白い見せ場が続く楽しい行事でした。
(注記)明治時代後期の山車の写真は日立市教育委員会発行のパンフレットに掲載のものです。

撮影地 : 茨城県 撮影日 : 2008/04/05

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:佐伯K 2008/5/9 12:31:58
面白いの一言に尽きる。
これからも頑張って見せてください。


投稿者:ようつべ 2008/5/7 17:52:35
日立風流物は、他の動画サイトでもよく投稿されるテーマではありますが、
どれも中途半端な作品ばかり。
人形の見事な変身っぷり、その精巧さ・・・。
日立からくり人形の全体像がよく伝わりました。
ナレーションも見事です。

関連動画