うるしが滝と梅花藻

認定クリエイター
岡部起久央

湖東、米原市の奥にある霊仙山(標高 1094m)の秘境にある「うるしが滝」付近はスキー場などの大規模開発が行われていないので自然が手付かずに残っている。霊仙山は石灰石からなっているカルスト地で、滝で流れ落ちた水も滝壺から数百米で伏流してしまい、峡谷の谷川からはせせらぎが消えてしまう。この伏流水の一部が、麓の中山道61番目の宿場、醒井宿に湧き出て地蔵川の源流になっており、清流にしか生息しない梅花藻が花を付けている。ここは湧き水の街道として有名で多くの観光客がおとずれる。

撮影地 : 滋賀県 撮影日 : 2008/08/08

カテゴリ自然 / 滝・清流

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画