京都 西山の秋

認定クリエイター
内田一夫

京都の西部西京区にも紅葉の名所がある。その一つ善峯寺は、広い境内に1200本とも言われるモミジの木があり、紅葉の盛りの時期はヤマモミジやノムラモミジが境内を飾る。寺は長元2年(1029年)に源算上人によって開かれた。後に後一条天皇より鎮護国家の勅願所と定められ「良峯寺」寺号を賜った。応仁の乱により兵火を受けて焼け、徳川五代将軍綱吉の母、桂昌院によって再建された。西国二十番の札所としても知られている。「京都の西山に西の石蔵という山寺あり」と今昔物語にも登場する金蔵寺(こんぞうじ)は、京都の西小塩山の中腹に位置する寺。平安遷都の時、平安京の鎮護のため教典を埋め、平安京鎮護の西の要となった由緒ある寺。寺のある一帯は、京都府の歴史的自然環境保全地域になっている。寺はまさに紅葉に埋め尽くされた観の在る寺で、京都でも指折りの紅葉の名所であり、色とりどりの紅葉が寺を包んでいる。

撮影地 : 京都府 撮影日 : 2008/11/25

カテゴリ自然 / 紅葉

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画