花ぐもり  和歌山城の桜

認定クリエイター
岡部起久央

和歌山城は、水戸家、尾張家と並ぶ徳川御三家 紀伊家の居城であった。和歌山は南海に面し、江戸とは水運で交易できる格好の地であった。築城は秀吉だったが、関ヶ原の合戦で家康が勝利してから、徳川の支配になった。その後、幕府の西国支配の拠点としての責を担い、絶大な勢力を擁した。日本の城の天守閣の様式は様々であるが、和歌山城は、大天守閣、小天守閣、櫓を伴う不整形な連立式で、日本で唯一の様式として異色であるが、姫路城、松山城と並んで、三大平山城ともいわれている。和歌山の桜は、全国版の花だよりでは、紀三井寺が取り上げられるが、和歌山城の桜も紀三井寺と同格の規模と美しさを持っている。

撮影地 : 和歌山県 撮影日 : 2009/04/02

カテゴリ自然 /

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:よっちゃん 2009/5/3 13:58:46
お城と桜の美しさを堪能しました。
ビデオは写真とは違いドラマが欲しい。
インタビューか催し事が有れば楽しく見られただろう。
スーパーの説明を読んでいると、気持ちは半減。

関連動画