鳴門わかめ

認定クリエイター
トヨダ

鳴門海峡の激流で養殖されているわかめは、3月から収穫がはじまります。わかめの大部分は、湯通し塩蔵わかめとして加工されます。80度1分 湯でて海水で急冷したのち、塩をまぶして冷蔵保存します。灰干しわかめは、最近では、高価な活性炭をまぶして、天日乾燥されます。ここのわかめは、戻したときの色、風味、歯触りがすばらしく、品質が変わらないことから徳島県の特産品として、おみやげ品として愛されています。

撮影地 : 徳島県 撮影日 : 2006/03/15

カテゴリグルメ / その他

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画