大洲の町並み

認定クリエイター
ヤマウチヨシノリ

大洲市は、愛媛県下一の長流・肱川のほとりに栄えた城下町。鎌倉末期に伊予国守護・宇都宮房豊が築いた地蔵ヶ岳城が大洲城の始まりといわれ、その後、多くの城主が入れ替わり、明治維新までの約250年は加藤氏6万石のもとで発展した。明治・大正期には養蚕や製糸で栄え、今も職人と商人の町らしい土蔵やなまこ壁の町並みが残る。

撮影地 : 愛媛県 撮影日 : 2006/04/29

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画