宇和島闘牛

認定クリエイター
ムササビのむーちゃん

17世紀の後半頃、宇和海を漂流していたオランダ船を漁民が救助し、その礼として贈られた2頭の牛がたまたま格闘したことにより始まった、との口伝がある。また鎌倉時代に農民が農耕用の強い和牛をつくることから自然に野原で牛の角を突き合わせ、これを娯楽にしていたとの説もある。宇和島市では昭和50年3月全天候ドーム型の闘牛場が完成し、定期的に大会が開催されるようになり、現在は年5場所の闘牛大会が開催されている。

撮影地 : 愛媛県 撮影日 : 2003/07/24

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画