宇和島市郷土料理 鯛めし

認定クリエイター
キノシタ

【鯛めし】日振島を根拠地にしていた藤原純友の海賊衆が酒盛りの後、酒を飲んでいたお椀に飯(メシ)を盛り、鯛の身をのせて食べたのが始まりとされています。生の鯛を使った全国的にもめずらしい宇和島独特の食べ方です。
【ふくめん】千切りにしたこんにゃくを四色の素材で覆い隠すように盛り付けた見た目にも鮮やかなあっさりとした味わいの料理です。名前の由来はそぼろで覆面をしているからとも、伊達氏仙台藩領の方言で千切りのことを「ふくめ」といったからとも言われている。

撮影地 : 愛媛県 撮影日 : 2005/01/05

ユーザーからのコメント

コメントはありません。

関連動画