鶴の来る駅

認定クリエイター
サクマ

北海道の道東地方には、毎年12月~3月頃、釧路湿原の奥地よりタンチョウ鶴が、エサを求めて人里に集まってきます。その中で、茅沼駅という無人駅に鶴が集まる場所があるので撮影してきました。また、この駅のある釧網線は、1月~3月の間に限りSLが運行され、鶴とSLが一緒に見られる場所は、日本で唯一ここだけとなっています。一部写真マニアには有名な場所ではありますが、一般の方々にはほとんど知られていません。

撮影地 : 北海道 撮影日 : 2003/02/12

カテゴリ自然 / 野鳥

ユーザーからのコメント

1件中 - 1~1件目を表示

オーエン

※個夢劇場からコメントを移動しました。

投稿者:さとちゃん 2004/7/16 16:46:05
 SLと鶴と一緒の映像、飛んでいる映像などがあれば
もっと映像に変化あったのではないかと思います。
でも、その時のタイミングなんですよね。
私の町にも7年位前迷い鶴が来たことがありましたが、
警戒心が強くなかなか近づいては撮ることが出来ませんでした。


投稿者:観光人 2003/3/12 14:34:12
美しい! その一言です。SLと雪とのコントラスト。
そして優雅な動きを見せる鶴と雪との調和がすばらしい。
日本でもこんな場所があるのだと感心しました。

関連動画